グルコサミンとコンドロイチンとは?

グルコサミンとコンドロイチンとは?

 

グルコサミン、コンドロイチンという言葉を近頃、テレビや広告で見ることがあるでしょう。ですが、これらは何のことか知っていますか。

 

関節の痛みに効き目がある成分としてグルコサミン、コンドロイチンが知られていて、関節を動かしやすくするのに必要だということです。これらの成分は、軟骨の主な成分と言われているので、最近は色々なサプリメントが取り扱われています。

 

グルコサミン、コンドロイチンという成分は似ている成分なので、片方の成分を取っていれば大丈夫だと考える人もいるかもしれません。ですが、グルコサミンの効果とコンドロイチンの効果が似たような効果だとしても、体に入った後の効き目が変わってきます。

 

糖のアミノ酸が結びついて作られているアミノ糖の中の1つがグルコサミンです。グルコサミンを取ると、軟骨がまた作られるのを促進する効き目があるので、軟骨が減っている場合に効き目があります。グルコサミンは、変形性関節症の治療に使われているみたいです。

 

ムコ多糖類の中の1つがコンドロイチンです。軟骨がまた作られるのを促進する効果がない所はグルコサミンと違います。ですが、軟骨が壊れるのを防いでクッションみたいな効き目があります。ですので、軟骨を作れないですが、症状が悪くなるのを抑えることが可能です。