サポーターの使用による膝への負担減少

サポーターの使用による膝への負担減少

 

膝の痛みが普段よりもひどい時がありますよね。その原因がなにかご存知でしょうか。その正体は「冷え」です。冷えることによって血行が悪くなり、痛みがひどくなるのです。そのため、膝を冷やさないようにサポーターを着用するのがおすすめです。

 

サポーターには布製ものと、支柱がついているものの2種類があります。布製のものは膝を温めたいときに使用するのがいいでしょう。膝が特に痛む場合は、支柱付きのものを着用するといいでしょう。楽に動かせるようになるために、膝にかかる負担が少なくなります。そのため、バスケットボールのような膝を酷使するスポーツをする際に、膝を痛めないように着用するのもいいでしょう。

 

サポーターを着用するときは、自分の体に合ったサイズを選ぶようにしましょう。サイズが小さすぎると、締め付けが強すぎるために血行が悪くなってしまいます。ちょうどいいサイズを付けることで、サポーターの効果は発揮されるのです。

 

膝に負担をかけることなく動かしたいのであれば入浴がいいでしょう。水中では膝に負担がかからないので、問題なく膝を動かすことができます。ゆっくり動かすことで痛みがある人にとってはリハビリにもなりますし、怪我をしてない人には予防になります。温めながらできるというのもポイントになります。早いうちから膝に気を配っておけば、痛みに悩まされることもないでしょう。