膝の痛みが起こる理由

膝の痛みが起こる理由

 

私たちの体には膝、手首、足首、肩など多くの関節部位が存在します。これらの部位は、私たちが普段の生活の中で何気なく使用しています。ですので、関節になにかしらの痛みがあると不自由な生活を強いることになります。特に、膝が痛むとまともに歩くことさえ困難になってしまうので注意したいです。

 

関節が痛む理由は人それぞれですが、主に挙げられる原因は変形性膝関節症やリウマチ、外傷、感染症、痛風です。自分一人で治すことは出来るかもしれませんが、症状を悪化してしまう恐れもあるので、違和感を感じたら早めにお医者さんに相談するのがいいでしょう。 

 

関節部位は軟骨が重要な役割を果たしていることはご存知でしょうか。変形性膝関節症は軟骨が減少し、変形するために起こる症状です。関節には多くの神経が通っているため、軟骨の減少や靭帯の損傷といった異常に反応してしまいます。

 

その反応が痛みとして私たちが感じるのです。要は、痛みはその部位に異常があることを知らせているサインなのです。そうは言っても、生活の中で頻繁に使う部分が痛くては生活しづらいですよね。普段から関節が痛まないように、トレーニングや負担がかからないようにするなど、予防していくこと大事なのです。