放置してはいけない膝の痛み

放置してはいけない膝の痛み

 

段差を上がろうとしても、膝が痛くて上がるのが辛い。誰もがそのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。膝などの下半身は毎日使うので、出来るなら早く治したいですよね。どの病気かによって治療法は異なるのですが、膝の治療には手術を行わない「保存療法」と手術で治療する「手術療法」に分類することができます。

 

前者にはサポーターやコルセットなど、膝に負担が掛からないように装着する装具療法、血行をよくすること温熱療法などがあります。後者は、その名のとおり手術をすることによって膝を治療することになります。金銭面や時間のことを考えると、できれば前者の方法で膝を治療したいですよね。

 

しかし、ヘルニアなどによって手足がしびれる場合、保存療法では症状が改善せず、結果として手術を行わなければならないことが多くなります。特に、身体機能が著しく低下している高齢者はそうなりやすくなってしまいます。そうならないように、ストレッチなどを行って予防しておきたいですね。

 

一方、膝の痛みの中で手術をしなければ改善しない症状に「膝関節変形症」というのがあります。どんな症状なのかというと、関節を形成している軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みが生じます。症状としては痛み、膝が曲がらない、歩行するときに不安定になるといったのが挙げられます。改善のための手術は2種類あります。

 

1つは、変形した骨をきる「骨きり」、もう1つは関節部を人口関節にする「人工関節置換手術」です。ただ、前にも述べたとおり、手術には費用や時間がかかるのでどうしてもというとき以外は保存療法で治療するのがいいのではないでしょうか。